大学時代 - 私のビリヤード体験

大学時代

私がビリヤードを初めて知ったのは、

大学に入学してでした。

大学の周りには、何箇所かのビリヤードの店があり、

その頃は、「ハスラー」という映画が流行っていた頃で



ビリヤードブームでした。

下の動画は「ハスラー2」(The Color of Money)です。



私は当時、大学年生で、友達に誘われて、

ビリヤード場へ行ったものです。

しかし、上の映画にあるようなポケットボールではなく、

4つ玉と呼んでいるものでした。


こんな感じのもので、

知ろ玉個と赤球個で、手持ちの白玉を他の玉の2個以上に当てたら、

点数をゲット出来て、続けてプレー出来るというものでした。

自分の持ち点があり、その持ち点に早く到達出来た人が勝つというようなゲームです。

ウキペディアでの説明は、ここにあります。

最初は、あんまり興味がなかったのですが、

だんだんと興味を持ち出し、

いろいろな研究をしたものでした。

そして、ついに一冊のノートに私の研究結果をまとめて、

1人で満足してたものです。

今では、日本でこの4つ玉が出来るところは少ないのではないでしょうか?

ほとんどのビリヤード場は、ポケットの台しか、置いていないと思います。

でも、私は、4つ玉の方が、今でも、好きです。

2011-06-10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 私のビリヤード体験 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。